熱供給をつかってどんないいことがあるの?

1カ所または数カ所ノプラントから複数の建物に配管を通して、冷水・温水(蒸気)を送って冷房・暖房を行うことを 地域冷暖房といいます。
この事業は環境保全・省エネルギー・都市機能の整備と様々なメリットをもたらします。 以下の要件を全て満たす地域連暖房の事業は、熱供給事業法により熱供給事業として公益事業に位置付けられています。

地域熱供給事業のメリット

環境保全

環境保全に優れた供給システム

資源を有効に活用することでCO2、NOx等の発生を抑え、地球温暖化の防止をはじめとした環境保全に大きな効果をもたらし ます。

エネルギーの有効活用

エネルギーの有効活用

エネルギー利用の集中コントロールを行うことによって、エネルギーを効率よく活用します。また、未利用エネルギーを活用する ことによって、都市における省エネルギー効果が生み出されます。

エネルギーの安全供給

首都圏をはじめとした都会では、昼夜の区別なク空調を利用する建物は、年々増えています。 熱媒の安定供給が義務付けられている地域冷暖房では運転保守管理も万全です。

省力化

各建物には熱源設備、貯湯設備などがなくなるので、一定の資格を持つ技術者や、運転管理委員が不要となり地域全体での 供給に関する省力化がはかられます。

都市機能の設備

スペースの有効利用

各建物の冷凍機、ボイラ、冷却塔、貯湯設備などが不要となるために、その分のスペースの有効利用がはかられます。

都市美観の向上

地域の中で煙突や冷却塔がなくなりますので、都市美観の向上をはかることができます。

都市災害の防止

燃料を扱うのはプラントのみとなり、各建物では危険物の貯蔵や取扱いが不要となり、安全になります。

全国に広がる地域熱供給事業

事業者数:84社 許可地点数:139地区(平成11年10月1日現在)

事業者数

エネルギーミュージアム見学お申込み

エネルギー3兄弟紹介

兄、石油の妖精オイルくん 弟、電気妖精エレクくん 妹、ガス妖精ガースちゃん

FAXでのお問い合わせ