罷業の特徴

日本初の石油コージェネレーション活用の地域熱供給事業

高効率で経済的、地球環境に配慮した電気・熱供給システム。
大規模募集中型発電に比べ、CO2の発生を約20%抑制できます。

熱源として、石油・ガス・電力をトリプルミックス

各エネルギーの長所を取り入れた最適運転を実現できます

大規模災害時に威力を発揮する熱料自己保有システム

耐震ビル地下タンクに1週間分の石油を在庫しているため、ライフラインが止まることなく、防災拠点として自立可能です。

「エネルギーミュージアム」を併設

工場そのものを広く一般に開放し、エネルギー学習工場となっています。

供給システムの紹介

供給システム

主要設備

写真をクリックすると拡大します

ディーゼルエンジン発電所

ディーゼルエンジン発電所

石油を燃料としたディーゼル発電機。エンジンの排ガスから蒸気、 冷却水から温水を回収し、冷暖房の熱源として利用する コージェネレーションシステムとなっています。

貫流ボイラー

石油またはガスを燃料とする省エネルギー型の高効率ボイラーで、 暖房と冷房(熱変換後)に使用する蒸気をつくっています。

貫流ボイラー
ターボ冷凍機

ターボ冷凍機

冷熱を貯えることができる蓄熱槽を冷やす電動冷凍機。昼間の冷房に使用する冷熱を、 深夜電力を利用してつくることにより、電力需要の平準化に貢献しています。 また、蓄熱槽の水の一部は、防災用として万一の際に活用されます。

吸収式冷凍機

ディーゼル発電機から回収した蒸気または温水を熱源として利用し冷水をつくることが できる吸収式冷凍機です。内部を真空にすることにより、5℃の低温で水を蒸発させ、 その蒸発熱を利用して冷水を作っています。

吸収式冷凍機
中央監視室

中央監視室

ほとんどの施設の運営・停止を遠隔操作で行うことができる中央監視室です。 設備の稼働状況を常時、集中監視することにより、エネルギーの安定供給に努めています。

2017年5月11日若松山形県副都知事に施設を見学していただきました!

エネルギーミュージアム見学お申込み

エネルギー3兄弟紹介

兄、石油の妖精オイルくん 弟、電気妖精エレクくん 妹、ガス妖精ガースちゃん

FAXでのお問い合わせ