社長あいさつ

峻厳な森、肥沃な地、豊穣の海、そして趣き溢れる川を有する山形県。当地では古人も愛でた風光明媚さに加え、山形駅西口再開発プロジェクトが着々と進められております。

私共「山形熱供給」は、3種の熱源(石油・ガス・電力)を活用する、日本初の地域エネルギー供給会社です。石油コジェネレーションを稼働させ、眺望が素晴らしい24階建てビル「霞城セントラル」様、コンサートホールを中心にした複合施設「山形テルサ」様へ、温熱・冷熱・電気をご提供しております。

新県民文化施設も平成31年度内の開館を目指され、私共も熱供給の準備を本格化させました。次代の発展を期するYAMAGATAに於いて、地球環境と経済効率を最適にする、地域の皆様にご愛顧賜るエネルギー会社を目指します。

会社情報

所在地 〒990-8580 山形市城南町1-1-1 霞城セントラルビル
資本金 2億5,000万円
会社設立 平成11年2月10日
事業内容 「霞城セントラル」への電気供給
「霞城セントラル」「山形テルサ」など山形駅西口新都心地域への冷熱・温熱供給
株主 石油ティー・イー・エス技術サービス株式会社※1
日本政策投資銀行、高砂熱学工業株式会社、 菱機工業株式会社、
三機工業株式会社、大成設備株式会社、株式会社ユアテック、
沖ウインテック株式会社、山形ガス株式会社、 荘内銀行
代表者 代表取締役社長 山田 浩司
従業員 10名
売上高 4億円 (平成28年度実績)
連絡先 TEL 023(647)8412
地図
大きな地図で見る

沿革

平成4年10月 石油連盟が効率的な石油利用を推進するために、石油コージェネレーションを活用した 「地域熱供給システム」の普及を促進する基本方針を決定
平成5年 山形県と山形市が山形駅西口土地区画理事業を開始
平成8年5月 事業コンペの募集開始
平成8年11月 石油連盟が日建・大成グループと共同で、「事業コンペ」に応募し当選
平成9年1月 石油連盟が加盟各社に参加意志確認を行い日本石油、出光興産など7社が
参加を表明
平成11年2月 石油会社のほか日本政策投資銀行、荘内銀行、山形ガスなどの出資を受け会社設立。 長谷川 徹が初代社長に就任(平成14年6月退任)
平成11年10月 通産大臣(現 経済産業大臣)による熱供給事業認可を受ける
平成12年12月 通産大臣(現 経済産業大臣)による熱供給規程認可を受ける
平成13年1月 事業開始。「霞城セントラル」への電気・熱の供給開始
平成13年4月 「山形テルサ」への熱供給開始
平成14年6月 本間重也 2代目社長に就任 (平成17年6月退任)
平成17年6月 服部泰彦 3代目社長に就任 (平成20年6月退任)
平成20年6月 宮本義介 4代目社長に就任 (平成23年6月退任)
平成23年6月 新 佳樹 5代目社長に就任 (平成26年6月退任)
平成26年6月 藤井 一暢 6代目社長に就任 (平成29年4月退任)
平成29年4月 山田 浩司 7代目社長に就任 (現在に至る)

採用情報

現在は募集しておりません。

エネルギーミュージアム見学お申込み

エネルギー3兄弟紹介

兄、石油の妖精オイルくん 弟、電気妖精エレクくん 妹、ガス妖精ガースちゃん

FAXでのお問い合わせ